メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
岡垣町バナー

トップページ > 暮らし > 保険・年金・医療証 > 国民年金 > 国民年金の案内

国民年金の案内

更新日:2015年02月26日

国民年金に加入する人

日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての人(学生を含む)は、国民年金に加入しなければなりません。
加入するとき、種別・住所などに変更がある場合は健康づくり課で手続きをしてください。

加入の種類と保険料の納め方

種類対象保険料の納め方
第1号被保険者 20歳以上60歳未満で農業・漁業・商業などの自営の人や学生・無職の人 保険料は自分で納めます。
(平成26年度月額15,250円)
第2号被保険者 現役のサラリーマンなどの厚生年金被保険者や共済組合の加入者 個人で納める必要はありません。
(給与等から天引きされています。)
第3号被保険者 第2号被保険者に扶養されている配偶者 個人で納める必要はありません。
(扶養している配偶者が加入している保険者が負担します。)
任意加入被保険者 厚生年金や共済年金に加入していない60歳以上の人。また、海外に住んでいる人で20歳以上65歳未満の人。 口座振替で納めます。

保険料は、口座振替、納付書払い、クレジットカード納付、電子納付があります。また、経済的理由などから保険料が納められないときは、申請すれば免除されることがあります。

こんなときは届け出が必要です!

どんなとき内容持参するもの
20歳になったとき 厚生年金保険・共済組合加入者以外は国民年金加入の手続きをします。 印鑑
厚生年金保険・共済組合をやめたとき 国民年金加入の手続きをします。扶養している配偶者がいる人は一緒に手続きをします。 印鑑、年金手帳 離職日がわかるもの
厚生年金保険・共済組合の加入者の扶養からはずれたとき 国民年金第1号加入の手続きをします。 印鑑、年金手帳 扶養からはずれた日がわかるもの
住所・氏名が変わったとき 住民票の届出と同時に手続きをします。 印鑑、年金手帳
付加保険料の納付を希望するとき 第1号被保険者で希望する人が、基本料に月額400円を足して納めます。 印鑑、年金手帳

支給される年金

種類内容
老齢基礎年金
(65歳になったとき)
保険料を納めた期間と免除を受けた期間及びカラ期間等と合わせて25年以上あるとき
障害基礎年金
(病気やケガで障害者になったとき)
ア)障害の原因となった病気の初診日の前々月で、保険料の納付期間が加入期間の3分の2以上のとき、または初診日の前々月までの直近1年間に保険料の未納がないとき
イ)障害の程度が国の定めた程度(1、2級)であると認定されたとき
遺族基礎年金 死亡した人と生活を同じくしていた子のある妻、または子
(注:子は18歳未満、ただし、障害(1、2級)のある人は20歳未満)
ア)死亡した人の保険料の納付期間が加入期間の3分の2以上のとき
イ)死亡した人が老齢基礎年金を受ける条件を満たしているとき
寡婦年金 老齢基礎年金を受ける資格のある夫が、何の年金も受けずに死亡したとき、10年以上結婚していた妻に60歳から65歳になるまでの間支給されます。
死亡一時金 国民年金保険料を3年以上納めていた人が年金を受けずに死亡したとき、その遺族に支給されます。

大切なお知らせ

障害年金を受けている人へ
平成23年4月から、法律改正により配偶者や子の加算制度が変わっています。
詳しくは、関連ファイル障害年金加算改善法のお知らせをご覧ください。

  • 障害年金加算改善法のお知らせ

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

関連リンク

お問い合わせ先

健康づくり課 医療年金係
電話番号:093-282-1211(代表)
ファクス番号:093-282-0277

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。