メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
岡垣町バナー

トップページ > 暮らし > ごみ・し尿・リサイクル > スプレー缶やカセットボンベなどの出し方

スプレー缶やカセットボンベなどの出し方

更新日:2018年12月20日

スプレー缶、カセットボンベなどは穴を開けて「ビン・カン」に分別を

使い終わったスプレー缶やカセットボンベなどは、ビン・カンごみとして回収しています。
穴を開けずに回収している市町村もありますが、岡垣町では穴を開けていないスプレー缶が混ざっていたことで、
ごみ収集車の火災事故が多発しています。
使い終わったスプレー缶やカセットボンベなどをごみに出すときは、必ず穴を開けてください。

次の手順を守って正しく出しましょう。

1 中身を確認し、空にする

スプレー缶を振って、ガスが残っていないか確認しましょう。
「シャカシャカ」と音がしたらガスが残っています。
音がしなくなるまで中身を使い切りましょう。

2 穴をあける

風通しが良く、火の気がない場所で穴を開けましょう。
金づちと釘などを使う方法は、中身のガスに引火する恐れがあるためとても危険です。
市販されている穴開け器や缶切りなどを使いましょう。

3 ビン・カンとしてごみ出し

スプレー缶やカセットボンベなどは、透明のビン・カン専用袋でごみに出しましょう。

スプレー缶穴あけの画像
穴開けは穴開け器や缶切りなどを使いましょう

お問い合わせ先

住民環境課 環境政策係
電話番号:093-282-1211(代表)
ファクス番号:093-282-0277

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。