メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
岡垣町バナー

トップページ > 健康・福祉 > 障害者支援 > 障害者福祉サービス > 各種手帳説明

各種手帳説明

更新日:2015年02月28日

身体障害者手帳

概要

身体に障害がある場合に持つ手帳です。申請により県知事が障害の程度1~6級・第1種もしくは第2種の区分を判定し発行します。手帳を取得することにより等級・区分に応じたサービスなどが受けられます。

対象者

視覚や聴覚、平行機能、音声言語、肢体、身体内部に永続する障害があり、身体障害者福祉法に規定する対象者に該当する人で、手帳の交付を希望する人。

手数料

申請自体の手数料は無料ですが、申請者の負担で医師意見書などを提出していただく必要があります。

申請方法

障害の部位に応じた医師意見書様式や申請書が福祉課にあります。まずは、かかりつけの医師にご相談ください。かかりつけの医師がいない場合は、福祉課で指定医を紹介いたします。なお、申請に必要なものは、申請書、意見書、印鑑、、写真(縦4センチ×横3センチ)です。

申請窓口

福祉課 電話番号 093-282-1211

療育手帳

概要

知的な障害がある場合に持つ手帳です。障害の程度A1(最重度)~B2(軽度)の区分判定に基づく申請により、県知事が発行します。手帳を取得することにより区分に応じたサービスなどが受けられます。

対象者

知的な障害があり程度区分判定を受けた人で、手帳の交付を希望する人。

手数料

申請自体の手数料は無料ですが、必要に応じて申請者の負担により医師意見書などを提出していただく場合があります。

申請方法

まず障害程度の判定を受ける必要があります。18歳未満の判定申込みは宗像児童相談所、18歳以上の判定申込みは福祉課で受け付けています。状況により必要書類が異なりますので、まずはお電話ください。

申請窓口

  • 18歳未満の人宗像児童相談所0940-37-3255
  • 18歳以上の人福祉課093-282-1211

精神障害者保健福祉手帳

概要

精神に障害がある場合に持つ手帳です。申請により県知事が障害の程度1~3級の等級を判定し発行します。手帳を取得することにより等級に応じたサービスなどが受けられます。

対象者

精神に障害があり、長期に日常生活や社会生活に支援が必要な人で、手帳の交付を希望する人。

手数料

申請自体の手数料は無料ですが、申請者の負担で医師意見書などを提出していただく必要があります。

申請方法

医師意見書様式や申請書は福祉課にありますが、初診の日から6ヶ月以上経過しなければ手続きができません。まずは、かかりつけの医師にご相談ください。なお、申請に必要なものは、申請書、診断書又は障害年金証書の写し(同意書要)、印鑑、写真(縦4センチ×横3センチ)です。

申請窓口

福祉課 電話番号 093-282-1211

お問い合わせ先

福祉課 障害者支援係
電話番号:093-282-1211(代表)
ファクス番号:093-282-1299

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。