メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
岡垣町バナー

トップページ > 子育て・学び > 妊娠・出産 > 妊産婦や乳幼児を育児中の皆さんへ(新型コロナウイルス感染症関連情報) > 不安を抱える妊婦への新型コロナウイルス感染症検査について

不安を抱える妊婦への新型コロナウイルス感染症検査について

更新日:2021年01月26日

新型コロナウイルス感染症の流行が続く中、妊婦は自身の健康のみならず、胎児への影響や出産後のことなど、さまざまな不安を抱いて生活しています。
このため、福岡県では妊婦のうち希望者を対象に、分娩前のPCRなどの検査を行っています。
また、新型コロナウイルスの感染が確認された妊産婦に対して、退院後などに助産師や保健師などが訪問や電話による寄り添い型の支援を行います。
詳しくは、関連ファイルにある案内チラシや、関連リンクから福岡県のホームページを見てください。

不安を抱える妊婦への新型コロナウイルス感染症検査について

対象

以下のすべてに当てはまる妊婦のうち、検査を希望する人

  • 福岡県内(北九州市、福岡市及び久留米市を除く)の産科医療機関で分娩予定である
  • おおむね妊娠37週から38週まで(分娩予定日がおおむね2週間以内)である
    注:早産のリスクなどがあるときは要相談
  • 新型コロナウイルス感染症の感染を疑う症状がない

相談先・検査場所

かかりつけの産科医療機関など
注:かかりつけの参加医療機関で検査を行っていないときは、福岡県が他の産科医療機関を紹介しますので問い合わせください。

  • 問い合わせ 福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部事務局(企画1班) 電話番号:092-643-3609

検査方法

唾液または鼻の奥から採取した粘液を検査

検査費用

無料
注:別途、診察料などの自己負担が必要となることがあります

検査回数

妊娠1回につき1回限り

新型コロナウイルスに感染した妊産婦への寄り添い型支援について

対象者

以下のすべてに当てはまる妊産婦

  • 新型コロナウイルスの感染が認められた
  • 福岡県内(北九州市、福岡市及び久留米市を除く)で療養し、相談支援を希望する

支援内容

県保健福祉(環境)事務所の助産師や保健師などが、定期的な訪問や電話などの方法でさまざまな不安や悩みを聞き、健康管理や育児に関する助言を行います。

連絡先

退院後に療養する地域を管轄する保健福祉(環境)事務所

注:各保健福祉(環境)事務所の連絡先は、関連ファイルにある案内チラシの2ページ目を見てください 

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

関連リンク

お問い合わせ先

子育てあんしん課 母子保健係
電話番号:093-282-1211(代表)
ファクス番号:093-282-4000

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。