メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
岡垣町バナー

トップページ > 町政情報 > 計画・例規 > 岡垣町子ども・子育て支援事業計画(岡垣町エンゼルプラン)

岡垣町子ども・子育て支援事業計画(岡垣町エンゼルプラン)

更新日:2019年04月24日

計画策定の目的・趣旨

全国的に人口減少が進んでおり、国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、2025年に人口が1億2,000万人となり、2048年には1億人を切ると予想されています。これに伴い、子どもの人口も減少し続けており、2025年の0歳から14歳までの児童は1,084万人となると見込まれており、2010年からの15年間で約600万人減少すると予測されています。

こうした少子化現象は、労働力人口の減少や高齢化による「経済面での課題」や過疎化・高齢化による福祉サービス、医療保険の制度運営などが困難になる「社会面での課題」が顕在化し、将来の社会経済全体に大きな影響を及ぼすことが懸念されています。

このような状況は、岡垣町も例外ではなく、少子化対策と児童の健全育成を推進する環境づくりが重要な課題であると認識しています。そこで、「岡垣町エンゼルプラン」を策定し、町民が希望する就労や結婚、出産、子育てを実現できる環境を整え、町民の意識を変え、少子化と人口減少を克服することを目指す取り組みを掲げています。

また、岡垣町では平成27年4月から子ども・子育て支援新制度が実施されたことに伴い、「子ども・子育て支援法」に基づき、教育・保育や地域こども子育て支援事業の提供体制の確保と、そのほかの法に基づく業務の円滑な実施を定めた5年を1期とする「岡垣町子ども・子育て支援事業計画」を策定しました。

計画の位置づけ

岡垣町エンゼルプラン

次世代育成支援対策推進法第8条に基づき「岡垣町第5次総合計画」に沿って策定するもので、社会福祉法第107条に基づく「岡垣町地域福祉計画」の一部を兼ねています。

岡垣町子ども・子育て支援事業計画

子ども・子育て支援法第61条に基づき「岡垣町第5次総合計画」に沿って策定しています。

計画の期間

岡垣町エンゼルプラン

平成22年度から令和2年度までの10年間

岡垣町子ども・子育て支援事業計画

平成27年度から令和元年度までの5年間

基本理念

豊かな自然と 暖かな家庭・地域につつまれ 自ら生きる力を育む 岡垣の子どもたち

基本目標

  1. 岡垣っ子の育成意識の啓発
  2. 家庭における岡垣っ子の育成支援
  3. 岡垣っ子の育成と仕事の両立支援
  4. 岡垣っ子を育む教育環境の整備
  5. 岡垣っ子の健康づくり
  6. 岡垣っ子を育む生活環境の整備

基本計画(岡垣町エンゼルプラン)

ここでは、施策の方向性と施策の項目、具体的事業を掲載しています。基本計画(岡垣町エンゼルプラン)に関する詳しい内容は、下の関連ファイル「第5章」の(1)から(6)までを見てください。

1 岡垣っ子の意識の啓発

子どもの権利を守るための啓発活動

  • 子どもの権利を守るための啓発活動の推進
  • 子どもの悩み関する相談や問題発見
具体的事業

児童の権利条約の周知・啓発、岡垣町児童家庭支援ネットワーク など

家庭・地域の子どもの育成意識の啓発

  • 男女がともに支え合いながら子育てする意識の啓発
  • 保護者のための教育の推進
  • 子育て教育の充実
  • すべての町民の子育て支援意識の啓発
  • 職場における子育て支援意識の啓発
具体的事業

男女共同参画推進事業、家庭教育講座、家庭教育講演会補助、ブックスタート事業、セカンドブック事業、乳幼児・妊産婦訪問指導事業、岡垣っ子育成支援事業 など

2 家庭における岡垣っ子の育成支援

子育て相談・支援体制の充実

  • 子育て相談、情報提供、苦情処理制度の充実
  • 育児援助サービスなどの利用への支援
  • 子育て支援センターの充実
  • 子育てグループの育成・支援
具体的事業

地域子育て支援センターの充実、利用者支援事業の実施、苦情処理体制の整備、子育て支援に関する情報提供サービスの充実 など

子育て家庭の経済負担の軽減

  • 妊娠期・乳幼児期・就学前期の経済的負担の軽減
  • 就学期経済負担の軽減
  • サービス利用負担の軽減
具体的事業

児童手当等経済的支援、子どもの医療費の助成、就学期経済的負担の軽減、私立幼稚園保護者負担軽減、届出保育施設利用保護者負担軽減 など

ひとり親家庭への支援

  • ひとり親家庭への支援体制の整備
  • サービス提供の充実
具体的事業

ひとり親家庭相談事業、ひとり親家庭医療費助成、ひとり親家庭等日常生活支援事業 など

児童虐待などの問題解決体制の整備

  • 虐待等の譲歩後児童の早期発見
  • 児童虐待対策等のネットワークづくり
  • 里親委託制度の推進
具体的事業

岡垣町児童家庭支援ネットワーク事業の充実・発展

3 岡垣っ子の育成と仕事の両立支援

保育サービスの充実

  • 待機児童の解消
  • 保育内容の充実
  • 保育指導の充実
  • 安心して預けられる保育所の施設環境づくり
  • 保育現場における世代間交流の推進
  • 障害児保育事業の推進
具体的事業

認定こども園(幼保連携型)の推進、保育所等運営事業、病児・病後児保育事業、保育士の資質の向上・研修などの充実、地域型保育の推進 など

多様な育児援助サービスの充実

  • 学童保育の充実
  • 子育て短期支援事業の充実
  • ファミリー・サポート・センター事業の検討
  • 保育関連施設・サービスなどの連携の充実
具体的事業

学童保育の充実、地域子育て支援センターの充実 など

職場における子育て支援環境整備の促進

  • 事業所内保育の促進
  • 育児休業制度の普及促進
  • 労働時間の短縮の促進
  • 職場における子育て支援意識の啓発
具体的事業

企業に対する子育て支援の啓発・促進、事業所内保育(地域型保育)の推進 など

4 岡垣っ子を育む教育環境の整備

豊かなこころづくり

  • 道徳教育の充実と豊かなこころづくりの推進
  • 地域における子育て家庭の世代間交流の促進
  • 子どもの異年齢交流の促進
  • 芸術・文化などの情操教育への支援
具体的事業

子どもの豊かな心を育てる教育推進事業、国内短期留学事業、芸術・文化などの情操教育への支援、国際交流事業、通学体験「夢の体験塾」など

社会参加・参画の促進

  • 青少年を対象にした公民館活動の充実
  • 多世代による文化・スポーツ活動の推進
  • 子どもの社会参加・貢献機会の拡充
  • 地域が子育てを担う良好な社会の形成
  • 青少年関係団体の育成・支援
具体的事業

子どもによる自主企画イベントの支援 など

健全育成拠点などの整備

  • こども未来館の充実
  • 自然・環境の体験学習ができる施設の整備
具体的事業

児童館・公園などの整備 など

5 岡垣っ子の健康づくり

健康管理・健康教育の推進

  • 妊産婦の健診の推進
  • 乳幼児の健診の推進
  • 母子保健と学校保健との連携
  • 性教育・思春期教育の推進
  • 子育て教育の充実
  • 成長段階に応じた健康づくりの推進
  • 食育の推進
具体的事業

乳幼児健康診査、予防接種、食育の推進 など

障害の早期発見と対応

  • 障害の早期発見、早期療育
  • 障害児保育・教育の推進
具体的事業

こどもの発達相談 など

6 岡垣っ子を育む生活環境の整備

子どもの育成支援を担う地域社会の形成

  • 子育てネットワークの充実
  • 子育てを支援する地域社会の形成
具体的事業

子ども育成支援ネットワークの整備

子どもと子育てに配慮した環境の整備

  • 子ども連れで外出しやすいまちづくり
  • 子どもの安全対策の推進
具体的事業

子どもが安心して暮らせる町並みの整備、子どもを犯罪から守るための活動の推進 など

子ども・子育て支援事業計画

ここでは、幼稚園や認可保育所などの利用を希望する児童の見込み数と受け皿となる施設の定員数の整備計画の内容を掲載しています。詳しくは、下の関連ファイル「第6章(2)岡垣町子ども・子育て支援事業計画 教育・保育の見込み量・確保方策」を見てください。

教育・保育の需要見込み(量の見込み)と施設定員(確保方策)

需要見込み(量の見込み)

利用を希望する施設年齢平成27年度平成28年度平成29年度平成30年度令和元年度
教育施設
(幼稚園など)
3歳から5歳まで 630人 631人 651人 636人 627人
保育施設
(認可保育所など)
3歳から5歳まで 178人 178人 184人 180人 177人
保育施設
(認可保育所など)
1歳・2歳 137人 136人 128人 127人 125人
保育施設
(認可保育所など)
0歳 80人 78人 78人 76人 74人

 施設定員(確保方策)

利用を希望する施設年齢平成27年度平成28年度平成29年度平成30年度令和元年度
教育施設
(幼稚園など)
3歳から5歳まで 920人 920人 920人 920人 843人
保育施設
(認可保育所など)
3歳から5歳まで 134人 144人 144人 140人 177人
保育施設
(認可保育所など)
1歳・2歳 101人 106人 104人 104人 125人
保育施設
(認可保育所など)
0歳 39人 44人 41人 41人 74人

地域子ども・子育て支援事業

この事業計画では、次の事業に関する需要量(量の見込み)と提供体制の整備方針を定めています。

  • 利用者支援事業
  • 地域子育て支援拠点事業
  • 乳幼児家庭全戸訪問事業
  • 養育支援訪問事業
  • 子育て短期支援事業
  • 一時預かり事業
  • 時間外保育(延長保育)事業
  • 病児・病後児保育事業
  • 学童保育所(放課後児童クラブ)
  • ファミリー・サポート・センター事業
  • 妊婦健康診査 など
それぞれの事業の詳しい内容は、下の関連ファイル「第6章(3)岡垣町子ども・子育て支援事業計画 地域子ども・子育て支援事業」を見てください。

 

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

こども未来課 少子化対策係
電話番号:093-282-1211(代表)
ファクス番号:093-282-4000

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。