メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
岡垣町バナー

トップページ > 暮らし > 住まい・交通 > 定住促進 > 中古住宅リフォーム⼯事補助⾦交付制度

中古住宅リフォーム⼯事補助⾦交付制度

更新日:2017年06月20日

住むために購入した中古住宅のリフォームを行う子育て世帯や若年世帯に、費用の一部を補助する制度です。

対象者の要件

次のすべてに当てはまる世帯

  • 平成29年1月1日から平成31年12月31日までに中古住宅を購入した
  • 中古住宅への居住日時点で、中学生以下の子ども(2親等以内)が同居している、または夫婦の合計年齢が80歳未満である
  • 町税の滞納がない
  • 自治区に加入している
  • 暴力団員ではない(暴力団員でなくなった日から5年を経過している)

対象工事

新築から年月が経ち、衰えた中古住宅の性能・機能を実際に使うことに問題ない状態にするため、または今までの機能以上に改善するために⾏う⼯事で、次のすべてに当てはまる工事

  • 中古住宅を取得して半年以内に行う
  • 費用が40万円以上である
  • 町内事業者が行う

注:次のいずれかに当てはまるときは対象外

  • 外構、⾞庫、倉庫などの⼯事
  • 移築または増築(浴室及び便所の増築は除く。)
  • 家庭用電化製品の購⼊(設置を含む。)
  • 他の公的制度による助成を受けている

補助金の額

20万円(中古住宅1件に対し1回限り)
注:この補助金は、所得税の対象となります。確定申告の手続きは、税務署などに問い合わせてください。

申請手続きなど

リフォーム⼯事完了⽇または居住⽇のいずれか遅い⽇から半年以内に手続きを行う必要があります。申請するときは事前に都市建設課に相談してください。相談を受けたときに補助金交付申請書など、提出書類の詳しい内容を説明します。補助⾦は、審査が済み次第交付されます。

提出書類

  1. 中古住宅リフォーム⼯事補助⾦交付申請書
  2. リフォーム⼯事の契約書の写し
  3. ⼯事の⾒積書
  4. 間取り図などリフォーム内容が確認できる書類
  5. ⼯事の領収書の写し
  6. ⼯事の実績が確認できる写真
  7. 滞納がないことを証する書類(町税、上下⽔道使用料、保育料)

注:7の書類は、調査同意書を提出するときは省略可

補助金の見直しについて

この補助金は、平成31年度までを目途として行いますが、申請の状況や町の財政状況などを考慮した上で、期間の途中で対象者、補助金額、終了期日などを見直すことがあります。

関連リンク

お問い合わせ先

都市建設課 建築住宅係
電話番号:093-282-1211(代表)
ファクス番号:093-282-3218

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。