メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
岡垣町バナー

トップページ > 暮らし > 住まい・交通 > 交通 > 岡垣町地域公共交通協議会

岡垣町地域公共交通協議会

更新日:2018年10月02日

自家用車の普及により、地域公共交通の利用者は年々減少しています。しかし、少子高齢化や地球温暖化などにより、公共交通の重要性は高まっています。
そのため町では、公共交通体系のより良いあり方を協議・検討する「岡垣町地域公共交通協議会」を組織しています。利便性の高い効率的な公共交通を確立させるため、町、住民、交通事業者などの関係者が集まり、さまざまな協議を行いながら、岡垣町の地域公共交通の活性化を総合的かつ一体的に推進していくこととしています。

協議会の構成

岡垣町地域公共交通協議会は、住民、学識経験者、町、議会、各交通事業者、交通事業者の組織する団体、道路管理者、公安委員会などで構成されています。
委員名簿や事後評価は、下の関連ファイルを見てください。

これまでの経緯と現状

平成17年度に、公共交通体系整備計画に沿って福祉バスを廃止。路線バスを補完するものとして、交通空白地域や路線バスが廃止された地域を中心にコミュニティバスの運行を開始しました。また、JR海老津駅にエレベーターを設置するなど、多くの人に利用される公共交通体系を整備してきました。

その後、平成20年度に「第2次公共交通体系整備計画」を策定し、コミュニティバス路線の再編や、西鉄バスとの格差是正などの存続可能な公共交通の運営と仕組みづくりに取り組んできました。

さらに、平成28年度には「第3次公共交通体系整備計画」を策定し、コミュニティバス路線の再編やダイヤ改正、コミュニティバス・路線バスの利用促進、交通不便地域の解消のための施策などについて、地域・事業者・行政が一体となった取り組みを行い、さらなる公共交通の充実を図ってまいります。

コミュニティバスについては、現在マイクロバス2台、ジャンボタクシー4台、1乗車160円で5路線運行しています。平成29年度の利用者は約9.7万人となっており、年々減少傾向にあります。

公共交通に関する広報

公共交通の状況を、過去の広報おかがきに掲載しています。下の関連ファイルからPDFデータを見てください。

JRや西鉄バスなどの公共交通機関は、特に高齢者や学生、通勤者などにはなくてはならないものです。地域公共交通の維持・活性化には、町民の皆さんの支えが必要です。みんなで地域公共交通を利用し、今ある路線を守っていきましょう。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

関連リンク

お問い合わせ先

都市建設課 都市計画係
電話番号:093-282-1211(代表)
ファクス番号:093-282-3218

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。