メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
岡垣町バナー

トップページ > 子育て・学び > 子育て支援 > 【岡垣町独自給付】令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金を所得制限限度額超過者に支給します

【岡垣町独自給付】令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金を所得制限限度額超過者に支給します

更新日:2022年01月17日

国の子育て世帯への臨時特別給付金(18歳以下の子どもへの10万円給付)の対象外となっている所得制限限度額以上の世帯に、町の独自給付として子ども一人当たり5万円を以下のとおり支給します。

給付の概要

対象児童

平成15年4月2日から令和4年3月31日までに生まれた児童
注:婚姻している児童、施設等に入所している児童は対象外です。

支給額

対象児童1人につき、5万円

支給対象者

  • 令和3年9月分の児童手当(特例給付)を岡垣町(公務員は所属庁)から受給している人

  • 令和3年9月1日から令和4年3月31日までに出生した新生児の児童手当(特例給付)を岡垣町(公務員は所属庁)から受給しているまたは受給することになった人

  • 令和3年9月30日(基準日)時点で、岡垣町に住民登録があり、高校生世代(平成15年4月2日から平成18年4月1日生まれ)を養育する父母等のうち所得が高い人で、所得が次表の所得制限限度額以上の人
    注:「児童手当(特例給付)の受給者」とは、所得が次表の所得制限限度額以上であるため、児童一人当たり月5千円の給付を受けている人を指します。 (以下同じ)

◆所得制限限度額表

扶養親族等の数
(カッコ内は例)
所得制限限度額 収入額の目安
0人 622万円 833.3万円
1人
(児童1人の場合等)
660万円 875.6万円
2人
(児童1人+年収103万円以下の配偶者の場合等)
698万円 917.8万円
3人
(児童2人+年収103万円以下の配偶者の場合等)
736万円 960万円
4人
(児童3人+年収103万円以下の配偶者の場合等)
774万円 1002万円
5人
(児童4人+年収103万円以下の配偶者の場合等)
812万円 1040万円

注:扶養親族等の数は、所得税法上の同一生計配偶者及び扶養親族(施設入所等児童を除く。以下、「扶養親族等」という。) 並びに扶養親族等でない児童で前年の12月31日において生計を維持したものの数をいいます。扶養親族等の数に応じて、限度額(所得額ベース)は、1人につき38万円(扶養親族等が同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)又は老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額となります。
注:収入額は、あくまで目安であり、実際は所得額で所得制限を確認します。

支給に係る申請について

申請不要な場合と申請が必要な場合の2種類あります。

申請が不要な人

以下のいずれかに該当する人は、申請手続不要で児童手当支給用の指定口座に振り込みます。

  1. 岡垣町から令和3年9月分の児童手当(特例給付)を受給している人または令和3年9月中に出生した新生児について、岡垣町から児童手当(特例給付)の受給資格又は額改定を認定された
  2. 令和3年10月1日から令和4年3月31日までに出生した新生児について、岡垣町から児童手当(特例給付)の受給資格又は額改定を認定された
  3. 高校生世代(平成15年4月2日から平成18年4月1日生まれ)の児童を養育している人のうち、基準日時点に岡垣町から令和3年9月分の児童手当(特例給付)を受給している

注:1及び3に該当する人には、5万円の支給についての案内を令和4年1月17日に発送する予定です。
注:2に該当する人には、順次案内を送付します。
注:1及び3に該当する人で、「給付金の受給を希望しない人」または「口座を解約したなどにより、支給口座を変更する人」は、令和4年1月21日までにこども未来課にご連絡ください。

申請が必要な人

以下のいずれかに該当する人は、申請が必要です。対象世帯には、令和4年1月21日に町から申請案内を発送予定です。

  1. 中学3年生までのきょうだいがいない高校生世代(平成15年4月2日から平成18年4月1日生まれ)の児童のみを養育している
  2. 所属庁から児童手当(特例給付)を受給している公務員

申請方法

「申請が必要な人」は、1月21日以降に町から届いた申請案内を確認のうえ、次の書類をこども未来課へ提出してください。

高校生世代の児童のみを養育している人 ※児童手当申請漏れ(現況届未提出の人)も含む

  • 令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金(岡垣町独自給付)申請書(案内通知に同封のもの)
  • 振込先の金融機関口座確認書類(通帳のコピー等)
  • 対象児童が町外に住民登録をして別居している場合は、対象児童の世帯の住民票(本籍、続柄の省略がないもの)

所属庁から令和3年9月分の児童手当(特例給付)を受給しているもしくは9月以降に出生した児童についての児童手当(特例給付)を受給している公務員

  • 令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金(岡垣町独自給付)申請書(案内通知に同封のもの)
  • 振込先の金融機関口座確認書類(通帳のコピー等)
  • 対象児童が町外に住民登録をして別居している場合は、対象児童の世帯の住民票(本籍、続柄の省略がないもの)

申請期間

令和4年1月24日から令和4年3月31日まで

注:令和4年3月に出生した児童に対する本給付金の申請期限は、令和4年4月15日までです。

支給時期

申請が不要な人

令和4年1月28日(金曜日)以降、順次支給
注:新生児については、児童手当(特例給付)認定後、順次支給します。

申請が必要な人

令和4年2月15日(火曜日)以降、順次支給

その他

  • 「子育て世帯への臨時特別給付金(岡垣町独自給付)」に関する振り込め詐欺や個人情報の詐取にご注意ください。ご自宅や職場などに岡垣町から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきた場合にはすぐに最寄りの警察にご連絡ください。
  • 「子育て世帯への臨時特別給付金(岡垣町独自給付)」は、可能な限り迅速に支給するため、上記の支給対象者に対して支給しています。離婚等により支給対象者と子ども達を現在養育している方が異なる場合、子ども達を現在養育している方に支給されないことがあります。本給付金の趣旨は、離婚等の場合であっても変わるものではありませんので、支給対象者と子ども達を現在養育している方が異なる場合には、子ども達の未来を拓く観点から子ども達のためにご活用いただけるよう支給対象者の皆様にはご協力をお願いします。

お問い合わせ先

こども未来課 こども未来係
電話番号:093-282-1211(代表)
ファクス番号:093-282-4000

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。