メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
岡垣町バナー

トップページ > 町政情報 > 計画・例規 > 岡垣町高齢者福祉計画

岡垣町高齢者福祉計画

更新日:2018年08月23日

岡垣町高齢者福祉計画(第8期)を策定しました

計画策定の目的・趣旨

  • 「団塊の世代」が75歳以上となる2025年には、医療や介護サービスの費用が大幅に増加することが予測されていることから、高齢者の自立支援と要介護状態の重度化防止を図り、介護保険制度の持続性を高めていくことが重要となっています。
  • 本計画は2025年を見据え、医療、介護、介護予防、住まい、生活支援のサービスを切れ目なく提供する地域包括ケアシステムを構築するための取組みを推進し、高齢者が地域の中で豊かにいきいきと暮らせる地域共生社会を目指すことを目的として策定しています。

計画の位置づけ

  • 本計画は、老人福祉法第20条の8の規定に基づき、「岡垣町第5次総合計画」及び「岡垣町地域福祉計画」に即して策定するものです。
  • 福岡県介護保険広域連合が策定する「第7期介護保険事業計画」や福岡県が策定する「第8次福岡県高齢者保健福祉計画」のほか、岡垣町の関連計画との整合を図っています。

基本理念

「元気・安心 いつまでも住みなれた地域で暮らせる町」

基本目標

高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう医療、介護、介護予防、住まい、生活支援が一体的に提供される体制である岡垣版地域包括ケアシステムの構築に向けて、次の基本目標を掲げて各施策に取り組みます。

1.町民が生涯にわたって元気に暮らす

町民一人ひとりが、介護状態にならず、生涯にわたり心身ともに健康で生き生きと暮らすことで元気で安心できるまちづくりを進めます

  • 元気な時からの健康増進・介護予防の取組み強化
  • 生きがいづくりにつながる多様な社会参加の場づくり

2.支えあいによる地域の安全・安心の確保

自らが支えられる側になった時の気持ちに立ち、日常の暮らしの中で身近な支えあいの心をつなぐまちづくりを進めます

  • 日常的な地域の見守り・支えあいのネットワークづくり
  • 福祉活動を支援する地域人材の育成と活用
  • 幅広い高齢者の参加しやすい身近な地域の通いの場の充実 

3.高齢者の暮らしを支える福祉環境を整える

将来の超高齢社会が直面する様々なニーズに対応できる地域包括ケアシステムを医療・介護・地域・行政等が多様に連携した「オール岡垣」の体制をつくります

  • 生活支援サービスの充実
  • 在宅医療・介護の推進に向けた連携強化
  • 認知症ケアの推進
  • 権利擁護の推進と高齢者虐待への対応
  • 高齢者の住まいと安心して暮らせる環境整備 

4.計画を推進するための環境づくり

岡垣版地域包括ケアシステムを実現させていくために、中核機関となる地域包括支援センターの機能強化及び、介護保険制度を持続していくための環境づくりと福祉サービスについての相談体制や情報発信の充実を図ります
 
  • 介護保険制度の適切な運営に向けた環境の改善
  • 岡垣版地域包括ケアシステムの推進体制の充実
  • 関係機関との連携による効果的・効率的な事業の推進

計画期間

2018年度から2020年度までの3年間

計画書

高齢者福祉計画の詳しい内容は、関連ファイルをご覧ください。
 

お問い合わせ先

長寿あんしん課 長寿支援係
電話番号:093-282-1211(代表)
ファクス番号:093-282-1299

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。