メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
岡垣町バナー

トップページ > 健康・福祉 > 高齢者支援 > 高齢者が安心安全に生活するためのサービス > 認知症サポーターの養成

認知症サポーターの養成

更新日:2015年02月21日

岡垣町では認知症高齢者やその家族が住み慣れた地域で安心して暮らせるまちづくりを目指しています。そのためには、地域住民が認知症について正しく理解し、認知症の方やその家族を地域で見守る必要があります。そのようなまちづくりを進めるために、「認知症サポーター」の養成に取り組んでいます。

認知症サポーターとは

認知症サポーターは何か特別な活動をする人ではありません。認知症の人と出会った時にその人の尊厳を損なうことなく適切な対応をして、認知症高齢者やその家族の見守りを行う応援者です。

認知症サポーター養成講座を受講するには

町が自治区と団体から依頼を受けて実施する出前講座等に参加する方法と関係機関が実施する認知症サポーター養成講座に参加する方法があります。

注:認知症サポーター養成講座を受講された方には、オレンジリングや認知症サポーターバッジを贈呈しています。このオレンジリングやバッジが「認知症の人と支援します」という意思を示す目印となります。

認知症について学んでみませんか?

高齢の人ほど発症率が高くなる認知症、高齢化の進展により認知症の方は増加すると予想されています。認知症の人とその家族の地域での生活を支え、認知症の早期発見治療のためにも、認知症サポーター養成講座を受講しましょう。

お問い合わせ先

福祉課 高齢者支援係
電話番号:093-282-1211(代表)
ファクス番号:093-282-1299

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。