メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
岡垣町バナー

トップページ > 健康・福祉 > 高齢者支援 > 高齢者が安心安全に生活するためのサービス > 成年後見制度利用支援事業業

成年後見制度利用支援事業業

更新日:2015年02月28日

成年後見制度利用支援とは

成年後見制度とは、認知症や知的障害、精神障害などにより、判断能力が十分でない人を法律的に保護し、支えるための制度です。認知症などで本人の判断能力が十分でなく、成年後見制度の利用が困難な人について、町長が申立人となり、申立てにかかる費用や後見人報酬を町が負担しています。

成年後見人等の選任申立て

身寄りのない高齢者または障害者の判断能力が十分でないため財産管理ができない場合などに、財産の管理などを行う成年後見人等の選任の申立てを町長が家庭裁判所に行います。

対象者(いずれにも該当する人)

  • 65歳以上の高齢者または知的障害や精神障害がある人・自己の財産の管理・処分や医療・介護・障害福祉サービスの契約等を行う能力が十分でない人
  • 成年後見人等選任の申立てを行う配偶者及び四親等以内の親族がいないか関与を否定され申立てが期待できない人
  • その他、特に本人の福祉のため町長が必要と認めた人

成年後見人等への報酬の支払い助成

資力が十分でなく、成年後見人等への報酬の支払いが困難な人(被後見人)に、家庭裁判所が決定した報酬に相当する額を助成します。

対象者

  • 生活保護受給者および資産・収入等の状況から生活保護受給者に準じると認められる人

利用方法

役場に申請書を提出。申請内容を審査し、助成金の支給の可否が決定されます。

お問い合わせ先

福祉課 高齢者支援係
電話番号:093-282-1211(代表)
ファクス番号:093-282-1299

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。