メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
岡垣町バナー

トップページ > 健康・福祉 > 地域福祉 > 臨時福祉給付金(経済対策分)を給付します

臨時福祉給付金(経済対策分)を給付します

更新日:2017年03月29日

対象世帯には、平成29年4月中旬に申込書が届きます。
平成29年7月18日(火曜日)までに、忘れずに申し込んでください。

臨時福祉給付金(経済対策分)

対象者

次のすべてに当てはまる人

  • 平成28年度臨時福祉給付金の対象者である
  • 平成28年1月1日時点で岡垣町に住民票がある
  • 平成28年度分の住民税が課税されていない
  • 自身を扶養している人が住民税を課税されていない
  • 生活保護を受給していない

支給額

対象者1人につき15,000円

申し込み方法

平成29年4月中旬に、税務課から対象世帯に届く「町県民税(平成28年度)に関するお知らせ」に同封する申込書を福祉課に郵送または持参

申し込み期限

平成29年7月18日(火曜日)まで

支給方法

平成29年6月初旬から9月初旬までに、申請書に記載した指定口座に振り込み

注:口座がないときは、町が指定する日・場所で受け取り

問い合わせ

岡垣町臨時福祉給付金専用ダイヤル(電話番号)090-2536-7013または福祉課へ

注:制度の詳しい内容は下の関連リンクから厚生労働省ホームページ「臨時福祉給付金(経済対策分)」を見てください

配偶者からの暴力を理由に避難している人へ

給付金の対象者のうち、事情により平成28年1月1日時点で岡垣町に住民登録を移すことができず、次の要件に当てはまる人は事前に福祉課に申し出てください。
申し出ることで住民登録を行っている市町村ではなく、岡垣町で給付金の支給申請ができるようになります。

配偶者からの暴力を理由に避難している人の要件

要件1に当てはまる人のうち、要件2のいずれかに当てはまる人

要件1

国民健康保険上、配偶者と別の世帯に属し、国民健康保険に加入している。または、健康保険法、船員保険法、国家公務員共済組合、地方公務員等共済組合法の規定による配偶者の被扶養者になっていない。

要件2

  • 配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けている
  • 婦人相談所などから「配偶者からの暴力の被害者に関する証明書」が発行されている
  • 平成28年1月2日以降に住民登録が岡垣町に移され、住民基本台帳の閲覧制限などの「支援措置」の対象となっている

注:申し込み期限(平成29年7月18日(火曜日))までは随時申し込みを受け付けています

役場の職員などをかたった振り込め詐欺などに注意してください

市町村や厚生労働省などは、次のことを行いません。

  • ATM(銀行・コンビニなどの現金自動預払機)の操作をお願いする
  • 給付金を支給するための手数料などの振り込みをお願いする

注:ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできませんので、そのような電話などがあったときは注意してください
注:市町村や厚生労働省の職員などをかたった電話がかかってきたり、郵便物が届いたりしたら、迷わず役場や最寄りの警察署(または警察相談専用電話#9110)に連絡してください

関連リンク

お問い合わせ先

福祉課 地域福祉係
電話番号:093-282-1211(代表)
ファクス番号:093-282-1299

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。